fc2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ノーフォークテリア *こま&こはる日和*

癒してくれる うちの子日記。犬とのくらし『楽しい』毎日にありがとう

もう1つの病気 

11月15日(木)  



今日、このブログで記事にする小春のもう1つの病気については、

ブログで記事にする事が出来ず

私の心の中にずっとしまっていました。

いつか病気の事を忘れるくらいの気持ちになった時に・・・書こうブログと思っていました。


この時の私は、病院へ行くたびに先生の話を「うんうん」と聞いていたはずなのですが、

別の事を考えていたんでしょうね・・

記憶にあまり残っていないのです。

私の少しの記憶と夫の記憶を頼りに書きます。


こんな状態だったので、

ほんの些細な事で病院へ行く時も、1人で行くのはとても不安だったのです。

小さなカサブタが頭に出来ていた時も、娘と一緒に行ったり、

先生のお話を1人でしっかり聞いて、家族に伝える事に不安があり、

いつも必ず病院へ行く時は夫か娘と一緒に行っていました。



では、もう1つの病気のお話をします。


ちょうど、小春が我が家に来てから1ヶ月目になる前日の事です。


小春の身体を触っていたら、脇の所にポツっと小さな物が私の手に触れてたので、

何?と思い、見てみたところ、ピンク色の数ミリ程の小さな出来物でした。

(人間で言うと、小さなニキビみたいな物でした)

夜7時過ぎごろの事です。


何だか嫌な予感がしたので、すぐに病院へ向かいました。

病院へは、歩いて行ける程の距離ですぐ近くにありますが、

車で向かいました。

病院へ向っている車の中での、あの日の事はよく覚えています。

言葉では、説明出来ない心境でした。

車の中では特別会話も無く、多分、夫と私は同じ事を考えていたと思います。


病院へ着くと少しだけ待ちましたが、すぐに診察室へ。

すぐにその場で、細胞針の検査をしました。


・・・・、悪性との結果でした。

最短で、手術日を決めて12月14日に手術。

脇部分に出来た小さな腫瘍を大きく切除して、病理検査に出します。

切除した半分は、抗がん剤が効くか検査に出します。


12月28日に病理検査の結果が出ました。

肥満細胞腫(癌) レベル1~2

この時小春の身体に出来た癌には、抗がん剤が効かないとの結果が出ました。


抗がん剤が効かないと言う事は、ステロイド等の治療はないのです。

私はこの時、先生が何を言っているのか理解出来ず、頭に入らなくて、

小春の事ばかり考えていた事を覚えています。



私は、毎日毎日 

小春の頭を撫で、身体を撫で、

がんばって

幸せになるんだよ

いっぱい楽しい事しようね


小春の小さな身体を緊張しながら触ってみては、

再発しないで、と祈るような毎日を過ごしてきました。


こんな私の気持ちが、分かるんでしょうね。

時折、私の事を寂しそうに見つめる「こま」がいました。

悲しんでいる私の事を心配していたんだと思います。

犬って、飼い主の気持ちを敏感に伝わるんですね・・きっと。



私は悪い事ばかり考えてしまい、自分で自分を辛い状態にしていた気がします。

心配ばかりして弱気になっている私に、色々と相談にのってくれていた、


coo&茶々ママ さんからの言葉。


今まで生き抜いて来た、強運の持ち主の小春ちゃんを信じましょう・・・

私は、この言葉で強く気持ちを持つ事が出来て、

小春の強い生命力を信じて、治すって事を諦めずに小春と一緒にがんばる事が出来ました。


手術後は、とにかく免疫力を上げて行く事が大事だと、

cooママさんがお友達から聞いてくださり、

免疫力アップの手作りご飯のレシピも聞いて下さり、教えてくれたのです。


この病気がきっかけで、手作り食を始めたのです。

小春はアレルギーがあり、多少レシピは変わりましたが、

今もずっと免疫力アップご飯を食べて元気な毎日を過ごす事が出来ています。


元気に楽しく毎日過ごす事が一番の薬ですね。

・・・・それと、私と一緒に過ごす。

小春は私の事が、大大大好きなのです←親ばかでスミマセン



小春は、本当に強い子です。

がんばってくれました。


肥満細胞腫での手術、小さいうちに発見し大きく切除が出来ているので、

大丈夫でしょう・・・と、先生からお言葉を頂いています。

切除可能な場所だったのは、不幸中の幸いだと思います。


小春の身体をなにげなく触って、手に感じた小さなできもの。

小春は我が家に来た当初、体の毛が少なかったので気が付いたのかもしれません。

小春は、幸運の持ち主だと思います。

痛い思いを沢山させてしまい辛かった分、いっぱいいっぱい幸せにしてあげたいと思います。


そして、不幸な動物を助けるために保護活動されている方達がたくさんいます。

それぞれ皆さん、自分の生活があります。

それでも自分の時間、お金を費やして人間に捨てられた犬達を少しでも助けようとしていらっしゃいます。

想像以上に大変な事です。


裏切るのは人間です。

でも 助けるのも人間です。 


活動されている方達を、応援してあげてください。




人間に飼われる動物達は、出会う人間で幸せにもなり、不幸にもなります。



人間が生きて行くうえで、動物達に助けられている事多々あると思います。

困っている、助けを求めている人間や動物に目をそらさないで、自分に出来る事、

小さな事でもいいから、何かしたい・・と、思う気持ちを行動に移せる事が出来たら、

自分の中の何かに気づき、自分自身も変わっていくんだと思います。


どうかお願いです。

ペットショップに並ぶ可愛いパピーちゃん達の親犬たちが、

決してみんな可愛がられ,、大事にされて過ごしているとは思わないでください。

小春の様に5年以上もの間、狭いケージに入れられて、繁殖に使われて、

捨てられ・・・

10年以上も繁殖に使われる子もいます。


犬を家族に迎える事を考えた時、

信頼できるブリーダーさんからパピーちゃんを迎えて下さい。

そして・・・

保護犬にも目を向けてあげて下さい。




ノーフォークテリア ランキングに参加してますカピバラ
こま&小春をayaっと応援してね応援 国旗
       矢印

にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



Posted on 2012/11/15 Thu. 22:30 [edit]

category: 小春日記

TB: 0    CM: 18

15